中秋の名月の楽しみ方2020

ライフスタイル
 2020年の中秋の名月は10月1日(木)です。

 中秋の名月を中日とする数日間は、月のパワーが非常に高まりますよ。そのパワーをいただこうと、お月見をする習慣が生まれました。

 では、この時期に高まる月のパワーは、どのようなご利益を与えてくれるのでしょう。

 そのご利益を月からいただくコツとは?

 今回は、中秋の名月を楽しみながら、運気を好転させる方法をお教えいたします。


月が与えるご利益とは


 中秋の名月が私たちに与えてくれるご利益は、まずは金運です。金運を上げたい人は、この時期を逃さず、月から、目一杯、金運アップのパワーをもらってくださいね。

 さらに、この時期の月は、悪い運気を溶かし、良い運気に変えていくパワーを私たちに与えてくれます。運気にかげりを感じている人はもちろんのこと、運気が今のところ大丈夫という人も、悪運を寄せつけないバリアを月が作ってくれるので、中秋の名月から、積極的に月のパワーをいただきましょう。


月を食べましょう


 食べ物や飲み物を月の光に当てると、月のパワーが食べ物にチャージされます。月の光を浴びながら、それらを食べると、月のパワーが最も効率良く取り入れられますよ。

 食べ物を通して、月のパワーを体の中に入れることを、昔の人は「月を食べる」と表現していました。ぜひ、みなさんも月を食べてみましょう。

 月のパワーをチャージするコツは、食べ物をピラミッド状に積み上げることです。昔の人はこのことを知っていたのでしょう。お月見の時に食べるお団子を、そんな感じで積み上げていますね。富士山の形に盛り上げたり、積み上げたりしたものに、月のパワーがどんどん入ります。

 食べ物に月のパワーをチャージする時は、横一列に並べるのではなく、積み上げ、月の光を当ててみましょう。

 曇りで月明かりが見えなくても、雲の向こうの月からエネルギーが届いています。なので、曇りの日でも、食べ物に月のパワーをチャージし、いただくことは可能ですよ。


耳を働かせましょう


 耳を働かすと、月のエネルギーを得やすくなるという不思議な法則があります。

 なので、お月見をする時には、音も大切にしましょう。

 心地よい音楽を聴きながら、月を眺めるだけで、月のパワーを効率良く吸収できます。

 また、誰かと一緒に月を眺め、楽しい会話をするのもおすすめです。相手の話に耳を傾け合うことで、それぞれの耳が働き、月のパワーをみんなで吸収できますよ。

 一人の場合でも、電話やZoomなどを使って耳を働かせる方法がありますね。

 以上の方法を活用して、中秋の名月を楽しみながら、月が与えてくれるご利益を享受してみましょう。


おすすめ記事
ゴールデンウィーク、あなたのおすすめ開運スポット!
運の良いオンナになる!春から始める新しいワタシ
夏のバーゲン!あなたが買うべき開運アイテムはこれ
【夢占い】夏の暑さも吹き飛ぶ! 涼しい夢23選
開運!暑さに負けないパワーフード
記事ジャンル
カラダ・ココロ お金 対人・恋愛 スピリチュアル ライフスタイル バラエティ 自分自身 ためになる夢知識 開運コラムTOP