お寺でパワーを貰う、心を静める、お参りの仕方

ライフスタイル
 お寺への参拝は、神社参拝とは違った楽しみ方があります! お寺の役割を知ることで、お寺ならではの楽しい参拝方法がわかるのです。

なんで神社では柏手を打つのに、お寺では打たないの? お墓を神社ではなく、お寺のそばに置く意味は? 

 神社では見られないものが、いろいろありますね。さらに、お寺の秘密に迫ってみることにしましょう!!


お寺はパワーを集める山の施設


 お寺には、例えば「金龍山浅草寺」のように、「○山○寺」と「山」の名前が入ったりします。

 いったいなぜ? 

 秋山流で、パワースポットという観点から読み解きます!!

 実は、パワーを集める、文字通り「天地のパワーの電池」のような山があるのです。

 溢れ出るパワーを感じた昔の人は、パワーを受け取るための施設を山に作りました。平地にあっても、お寺の門を「山門」と呼ぶ理由はここにあります。パワーを集める山に置かれた施設がお寺になっていったからです。

 山に置かれたお寺はもちろんのこと、平地に置かれたお寺も、パワーを持ったどこかの山と、今もつながりをもっています。

 お寺に行くことで、山に集められた天地のパワーをいただけるというわけなのです!!


お寺にお墓が置かれる理由


 お寺にお墓がある理由も、秋山流ではパワースポットの視点で読み解きます!

 昔の人たちは、子孫を天地のパワーで満たしていきたいと願い、お墓を、パワーを集める山に置き始めました。先祖が天地のパワーで満たされれば、子孫にもパワーが流れていくと考えたからです。

 なので、先祖供養は、子孫である自分の人生を豊かにする行為ともいえます。

 先祖ゆかりのお寺に参拝し、先祖を通し、天地のパワーを存分にいただいてくださいね!


お寺は心をしずめる場所


 私たちの肌・髪・瞳の色などに、先祖の影響があらわれています。今も先祖は、私たちの体の中に生きているといえるのです。

 お寺で心静かに瞑想をおこなうのは、今も私たちの内奥に生きている先祖に心を通わせ、天地のパワーを受け取るためです。

 先祖に心を通わせる瞑想に必要なのは、静寂。

 お寺では、必要な時以外に、余計な音を出さないような配慮が行き届いています。

 神社のような大きな音の出る鈴を置かなかったり、パンパンと手を打つことをしないのは、静かに瞑想している人を邪魔しないためです。

 お寺とは、日常の喧騒を離れ、心を落ち着けて天地のパワーをいただく場。
 みなさんも、天地のパワーをドンドンいただき、大きな喜びと楽しさにつつまれてくださいね!

 秋山流観点から、お寺を見直すことで、さらに、お寺は楽しめる場になるはずです!!


おすすめ記事
あなたに合った日焼け、紫外線対策は? 目指せ!色白美人
お花見で開運!あなたにオススメのスポットは?
トラブルは嫌!人間関係を円滑にする方法♪
モノ・部屋・人間関係をスッキリ整理!あなたの春の運気アップ術
あなたの金運大解剖! 動物診断でお手軽チェック!
記事ジャンル
カラダ・ココロ お金 対人・恋愛 スピリチュアル ライフスタイル バラエティ 自分自身 ためになる夢知識 開運コラムTOP