大ガニ・カルキノス かに座の神話

バラエティ
 かに座は、それほど明るい星が集まっているわけではありません。

 しかし、かに座の歴史は古く、5000年前のバビロニアの書物にも、カニの姿で登場しています。

 人々を魅了する力が、この星座にありそうですね。

 今回は、そんな、かに座についてのウンチクを、神話も含め、いろいろお教えいたします。


かに座の見つけ方


 かに座を見つける手がかりになるのは、ふたご座としし座です。

 まずは、ふたご座の1等星「ポルックス」と、しし座の1等星「レグルス」の2つの星を探しましょう。どちらも明るい星なので、比較的、見つけるのは簡単ですよ。かに座は、この2つの星のほぼ中間にあります。

 ちなみに、かに座の英語名は「Cancer(キャンサー)」で、これは病気の「癌」と同じ名前です。

 紀元前の古代ギリシアでは、すでに乳癌の外科的治療がおこなわれていました。

 癌の部分を切り取り、それを観察した当時の医師が、癌の部分が「手足を伸ばしたカニのような形をしている」と記したことが語源になっているという説がありますよ。


かに座にまつわる神話


 怪力で有名なヘラクレスがいました。その活躍を憎んでいたのが女神ヘーラです。女神に気にいられようとしたのでしょう。女神の意をくんで、ヘラクレスに戦いを挑んだのが、大蟹のカルキノスです。

 でも、戦いの相手が悪かった。無敵のヘラクレスです。あっさりと、カルキノスは踏みつぶされてしまいました。

 自分のために、ヘラクレスに無謀ともいえる戦いを挑み、死んでしまったカルキノスを哀れに思った女神は、カルキノスを天に上げ、かに座にしたのでした。

 これが、大蟹カルキノスの伝説。勇気はあるが、非力なカルキノスなので、暗い星というわけなのです。


あなたも物語を作ってみましょう


 古代の人は、星座にさまざまな物語を組み込み、その物語を思いながら、ゆったりと星空に親しんでいました。星空をのんびり眺め、宇宙からパワーをいただく目的からです。

 みなさんも、かに座から、自由に物語を作ってみてはいかがでしょう。

 インスピレーションが湧きそうなのは、かに座の甲羅の中央に位置しているプレセペ星団です。

 肉眼でプレセペ星団を見ると、モワッとした雲のように見えることから、昔の人は「宇宙の雲」だと考えていました。

 古代中国では、死人から出る光とも考えられていて、ここが霊魂の通り道と信じられていました。

 かに座の甲羅部分にある、ぼんやりとした不思議な光芒を眺めていると、時間が経つのを忘れて、引き込まれる何かがありますよ。

 暗い星が集まったかに座が、古代から、人々の注意を引いていたというのは、意外と、プレセペ星団の妖しい光芒が影響しているのかもしれませんね。

 あなたも、かに座から、さまざまなイマジネーションを広げてみましょう。

 こうして、星空にゆったりと親しみ、宇宙のパワーを吸収すると、運気をアップさせられますよ。



おすすめ記事
人気声優と人気お笑い芸人の夢を診断! あの人がこんな夢?!
わたしの夢をコントロール? そんなことって出来るの?!
春の運気アップ大作戦2019あなたの仕事運、金運、恋愛運をアップ!
夢からわかる!?浮気・別離(わかれ)の予感
俺のホワイトデー大勝利作戦!
記事ジャンル
カラダ・ココロ お金 対人・恋愛 スピリチュアル ライフスタイル バラエティ 自分自身 ためになる夢知識 開運コラムTOP